ビジネスには欠かせない!ソフトバンク同士なら、社員間通話料が24時間無料です

ホワイト法人

サービスの特徴と料金

ホワイトプラン

ホワイト法人

ホワイトプラン加入の携帯電話からビジネスグループへの国内通話が24時間無料!!

※ビジネスグループとは、お客さまにご登録いただく2~1,000回線の社員グループです。

終日 2~30回線 31~100回線 101~1,000回線
月額定額料/回線 0 525 924
加入特典 グループ内通話料 24時間無料
通話料・通信料 10%割引 20%割引 30%割引
無料通信料/回線 1,050円/月
無料通信料の共有 余った無料通信を、同一グループで共有可能

※ 有料コンテンツの情報料、電話番号案内(104)の案内料、海外での通話料および通信料、ナビダイヤル(0570から始まる番号)、テレドーム(0180から始まる番号)の料金、ユニバーサル料は、無料通信及び割引の対象外です。

ソフトバンクの携帯電話

ソフトバンクの携帯電話は月額基本利用料が980円(税込)で利用することができます。
しかもソフトバンクの携帯電話からソフトバンクの携帯電話に電話した場合、国内通話料金が1時~21時まで無料です。従業員間の通話ももちろん無料ですし、取引先の携帯電話がソフトバンクでも通話料金が無料です。
携帯電話に電話した際に「プププ」と音が鳴ったら、ソフトバンク携帯と認識することができます。ソフトバンク携帯電話以外にかけた場合、30秒21円です。

Wホワイト

ソフトバンク携帯電話以外の通話が多い方は、Wホワイトプランをおすすめ致します。
月額980円プラスすることで、30秒10.5円になります。毎月ソフトバンク携帯電話以外に47分以上通話される方は、Wホワイトプランの方がおトクな価格になります。

ホワイト法人

ホワイト法人とは契約回線数に応じておトクになり、ビジネスグループ向け割引サービスです。
ホワイトプランにご加入の携帯電話から、ビジネスグループへの国内通話が24時間無料です。
契約回線数に応じて、ビジネスグループ外への通話料・パケット通信料が10%~30%割引になります。
30回線までの場合、定額料は無しで申し込んだ回線同士の通話料が24時間無料となります。
通話・パケット通信料の割引率は10%。31~100回線の場合、申し込んだ回線同士で通話が24時間無料となるための定額料は、1回線あたり月額525円です。通話・パケット通信料の割引率は20%。101~1000回線の場合、申し込んだ回線同士で通話が24時間無料となるための定額料は、1回線あたり月額924円。通話・パケット通信料の割引率は30%です。

余った無料通話は分け合える

1,050円/回線の無料通信料付きで、余った分は社員間で分かることができます。

例えば、A回線は無料通信料の範囲内で、B回線は無料通信料を超過し、C回線は無料通信料の範囲内でした。
回線ごとに、無料通信料未使用分と、無料通信超過分を計算します。
余った無料通信料の合計と無料通信料の超過した額の合計を比較して、無料通信未使用分合計が無料通信超過分合計より多ければ、超過通信料が0円になります。

ただし共有した上で余った無料通信料は、翌月には繰り越されません。

さらに!携帯⇔固定間の通信コストの大幅削減が可能です!

ソフトバンク携帯×おとくライン

関連ページ・おすすめ情報

  • 固定電話・携帯のコスト削減!…ホワイトライン24(おとくライン)
  • 固定電話どうしの通話無料に!…ボイスネットライト
  • 0120通信費の経費削減!…フリーコールスーパー
  • 転送に関する基本料金や通話料金を安くしたい!…多機能転送サービス
▲Page Top
トップページおとくラインとは?料金について電話回線新設予定のお客様へ会社概要プライバシーポリシーお問い合わせ代理店・提携先募集
おとくラインのサービスホワイトライン24(おとくライン)ボイスネットライトフリーコールスーパーホワイト法人多機能転送サービス